機能訓練専門 デイサービス【きたえるーむ小樽稲穂】

きたえる〜むからのお便り

「だるま」はなぜ赤いのか

気にしたこともありませんでしたが、雑学の本の中にかいてあったので
「へー」と思い掲載します.

 

「だるま」は商売繁盛や開運などの縁起物ですが,江戸時代はあかい「だるま」が
疱瘡除け(ほうそうよけ)として用いられたそうです。

 

疱瘡にかかると命を落とすこともあるため、患者も看病する者も赤い着物を着て
身の回りのものも全て赤いものを用いたそうです。

赤色が疱瘡に効果があるとされていたことから「だるま」も赤く塗られたそうですよ。

 

2014年10月14日 10:58 AM

ページの先頭へ

新着情報