機能訓練専門 デイサービス【きたえるーむ小樽稲穂】

きたえる〜むからのお便り

少年と大志を抱け

昨日、ビデオに撮りためていたTV番組を見ていたところ、羊が丘公園のクラーク先生の銅像の前で

大泉洋が札幌について語っていました。

そこで、クラーク先生といえば「少年よ大志を抱け」が有名ですが、実はその後に続く分が重要だと思い出しました。

そかし、その後が思い出しません・・・・検索しました。

 

“Boys, be ambitious!”
Be ambitious not for money or for selfish aggrandizement,
not for that evanescent thing which men call fame.
Be ambitious for knowledge, for righteousness,
and for the uplift of your people.
Be ambitious for the attainment of all that a man ought to be.
This was the message of William Smith Clark.

青年よ、大志を抱け。
金のためまたは利己的栄達のためにでもなく、
人呼んで名誉と称する空しきもののためにでもない。
知識に対して、正義に対して、かつ国民の向上のために大志を持て。
人としてまさにかくあるべき全てのことを達成せんとするために大志を抱け。

 

そうそう!これです。世のため人のために役立つ人間になりなさいということでした。

誠に立派な言葉を残されたものだと感動します。

2014年10月15日 12:49 PM

ページの先頭へ

新着情報