機能訓練専門 デイサービス【きたえるーむ小樽稲穂】

きたえる〜むからのお便り

パンク

先日、送迎車をスタットレスタイヤに交換しました。

夏タイヤは札幌の本社で保管するのですが、そのタイヤを重ねているときにトレッドに銀色の物がくっついていました。

見るとすり減ったビスの頭でした。

抜くとパンクするかもしれないし、刺さったままというわけにもいきません。

7-8年前に買ったパンク修理セットを先週行った環境整備の際、捨てようかと思ったのですが、たまたま道具箱にしまっておいたものがありました。

偶然です。

 

失敗したら修理屋に出そうと思い、とりあえず修理に挑戦です。

ビスを抜いたら案の定「シューッ」という音がでてきました。やっぱりパンクです。

説明書通りに修理開始、1-2分で修理完了です。

チューブと違ってチューブラーは簡単です。

後はガソリンスタンドで空気を入れてすべて完了。

来春までに空気が残っていれば成功です。

 

ところで、この修理セット。プー太郎の時バイクで日本一周した際、四国で有名な祖谷(イヤと読みます)の「かずら橋」のところでパンクしてしまいました。

この辺りは田舎も田舎、ガソリンすらなく、雨の中、延々と時速30キロで修理してくれるところをさがしました。

1300CCの大型バイクに1月分の荷物を積んでのパンク走行は生きた心地がしませんでした。

ガソリンすたんでがあるたびに修理を頼んだのですが、修理はしていないと断られ続けやっとの思いで車の修理屋さんを見つけて何とかやってもらいました。

その距離60キロ以上、疲労困憊の一日でした。

そんな経験から翌年の日本一周の際にはパンク修理は自分でやろうと購入したものです。

 

車のパンクから懐かしいツーリングの思い出でした。

 

DSC_0080

大変なところでした・・・

2014年11月22日 10:39 AM

ページの先頭へ

新着情報