機能訓練専門 デイサービス【きたえるーむ小樽稲穂】

きたえる〜むからのお便り

祈りの経営に触れて

先日大阪のダスキンの初代社長「鈴木精一」氏の経営哲学に触れてきました

祈りの経営と言われているそうです

一日の初めにと終わりに「おつとめ」というものがあり、般若心経を皆で唱えるそうです

何かあることに合掌

鈴木さんの経営はお金儲けより、世の中にいかに貢献するか、ただし企業の赤字は社会の罪悪といいます

とても共感できました

私は董仲舒の「正誼明道」を座右の銘にしております

これは、正しいことを行えば結果(お金)は後からついてくるという教えです

安岡正篤さんから教わったものですが・・・

 

ダスキンの迎賓館には

高志低身(こうしていしん)

脱皮新生(だっぴしんせい)

という書がかけられていました

いい言葉だと感銘しました

2015年1月23日 10:12 AM

ページの先頭へ

新着情報